So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸東京たてもの園 [文化の会(映画・テレビ・演劇・本)]

image.jpeg
少し前の話。

小金井公園内にある、江戸東京たてもの園での「ジブリの立体建造物展」が3月14日で終了するので、その前に慌てて行ってきたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

雨の日で、すごく混んでいて、前に進むのも大変…

ジブリ作品に出てくる建物の絵、コンテ?などと、立体の模型が展示されていて、本当に絵が素晴らしく上手い(当たり前か…)。

実写の映画は、登場人物の生い立ちに始まり、時代背景、設定が詳細に考えられているが、今回ジブリのアニメーションは実写以上ではないか?と感じた。

作品ごとにその時代の特徴を、今回は建物にスポットをあてて紹介していたが。それだけでも膨大な設定がなされている。
絵の中に妥協点はない。
道端の雑草、小石、細かな小道具にさえ命が吹き込まれている。
ジブリ作品を改めてすごいと感じた。

ジブリ展を観終えて、屋外の建物の展示を観た。

様々な時代の建物が実際に建ち、展示されていて、ミニ明治村という印象。

茅葺き屋根の家では、ボランティアの方が実際に囲炉裏に蒔をたいて、その煙で屋根を燻していた。(煙が萱をコーティングして防菌、防虫の効果がある)
囲炉裏で鉄瓶で沸かした湯でお茶も入れてもらったり、折り紙の先生がいて折ってくれたり!

いろいろな時代の建物をまわって、時代ごとの特徴をみることができた。
経済的に裕福な建物が多く、イマイチ実感が湧かなかったが、商店などが並ぶ家屋のあたりは庶民的でホッとする。

一番印象に残ったのは、高橋是清邸。
二二六事件で高橋是清氏が殺害された部屋も入ることができた。

広場では、昔の遊び、竹馬、ベーゴマ、車輪回しなど体験できたりも!

竹馬は得意で、小学生の頃に早く学校に行って竹馬をゲットして遊んでいた!(早く行かないと取られてしまう)
竹馬初めての息子は、教えてもなかなかできない…(´・_・`)
私は昔、特に教えてもらった記憶はなく、見よう見まねでできるようになったから、息子の動きがもどかしい~

でも粘って、何とか乗れるようになり、納得したようで、気がつけば閉館間際Σ(・□・;)

なかなか有意義な1日でありました。

竹馬欲しいなぁ~でも、これ以上物は増やせないなぁ(´・_・`)
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。